読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魚輝(麻布十番)

またウニくっとるやんけ

●平日20時から、あっさり予約とれました。 でも行ってみると狭めのカウンターで満席でした。4人卓2つだけあるテーブルも満席。

 

●頼もうとした豆腐系の何かがなくて、刺身系のつまみを食す。メインのいくら、ウニ丼は二人でシェアすると足りない、一人で一個いけますな。

 

f:id:karasumikun:20170324222357j:plain

これ以外、写真もないが記憶も特にない、そんな感じ。

 

 

●日本酒2人併せて8合くらい飲んで、満腹くらい食べて、一人12,000円程度。

 

●何度ロングが似合うと思って絶対伸ばそうと思っても、飽きて似合う気がして、何か変わりたくて、そんなとき、ロングからショートになっていたんです、彼女。翌日私も30cmカットし、かわいいじゃん、と思うも、更に翌朝セットしないとちびまる子風で萎えて、やはり後悔。出会った人が可愛いといってくれるのは気にしない。

 

超社交的に見られる私だが・・・洋服屋で店員に話しかけらる時間が大の苦手。

人に自分から話しかけるのは得意なのに、どんなに機嫌がよくても店員に話しかけられるのが苦手なんです。

 

店員は仕事。頑張ってて偉い、多分多少の嘘くらい悪くない。

「似合ってます」とか、私の特徴に対し「そんなことないですよ」とかどう頑張ってもその日であったあなたにわかるわけないと思ってしまいます。本当に似合ってる時もありますひねくれてるんじゃなくて、これは、明らかに似合っていないのに褒め続けられた経験が作ってしまった不信感です。店員に聞きたい、似合ってなくて代替もないときどうコメントするんだ?例外になく嘘は不信感を育む。

そして一番突っ込みたいのが「これ大人気なんです」「すごく流行ってるんです」「人気で売れてしまってもう在庫が・・・略」など。

だからなに

流行りで売れてるものを私が着るべき理由がわからない・・・。

 

というわけで自分に似合う髪型を一番わかっているのは自分だけ、という考えは、もしや他人を信用していないという寂しい話なのか?